ファッションの流通を理解する

fc096d6c096c66e41643bedc09cce249_s

ファッション業界で働くために

服飾専門学校に進学すれば「企画/生産/販売」というファッション界の3つの大きな流れの中のどの職業に就くことも可能です。

服飾の仕事

ファッションデザイナーやパタンナーといった職業は「企画」に属して常に新しいアイテムを世に送り出す仕事です。

次の「生産」は彼らが作ったものを元に工場で制作するわけですが、その時にはファッションプランナーが市場の動向を読んでどの程度生産すればいいのかを考えて作らせます。

そうして仕上がったファッションアイテムを実際の店舗の販売員がお客さんに売るという「販売」の過程を担っているわけです。

こういった全ての過程を見る職業として他にはバイヤーやブランドプロデューサーが挙げられますが、これらの仕事は専門学校を卒業してすぐに就けるわけではなく長い修業が必要です。

まとめ

服飾専門学校で学べば全ての段階において絞って勉強してどの仕事に就くことも可能ですが、服飾業界全体を学ぶことでひとつの分野のプロフェッショナルになれるのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする