同期の仲間としのぎをけずる

a9ea92e3f0166745c6fb852753cb69f3_s

仲間からライバルへ

服飾専門学校での勉強で得られることは多いですが、同期の生徒とファッション界でライバル関係になれるということも大きな収穫といえるでしょう。

ライバルがいる良い点

どの業界でもライバル関係は存在しますが服飾専門学校在学中からしのぎを削ることはよくあります。

各種コンペティションや卒業の制作では常に他の人の服飾作品と比べられることになります。

それが優秀な作品であればあるほど注目されるライバルというものは出てくるものです。

優秀な生徒であるとファッション業界で働くことになってもお互いに頭角を現してくることになります。

そうなったときにそのライバルのことを嫌がったり嫌ったりするかもしれませんが、そのような存在が自分を成長させると考えれば貴重な競争相手なわけです。

そしてそれが専門学校の同期生であるなら他の人達も刺激を受けてよい服飾作品を残していくようになるでしょう。

まとめ

社会に出てからではなく専門学校に通っている段階からの知り合いだから、受ける刺激も前向きなものになります。

ライバルとは服飾専門学校に進学して得られる大きな財産といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする